大分へ


先日 大分県宇佐市にある生活工房とうがらしへお邪魔してきました。

ここは銀座坐来の梅原さんおすすめの場所

やっといくことができました。

途中 山荘無量塔の藤林さんプロデュースの別府湾インターに寄り

あちこち見てまわった。

サービスエリアとは思えません。トイレの壁にローズウッドですか?




f0146105_1211532.jpg


次に向かうは別府大学のすぐ隣にある香りの博物館に併設しているカフェ サ・サンボン

ここのオーナーは私の友人でひらまつ時代の同僚でもある挟間一雄氏。

久々に会うとホントにほっとする。

彼は大名の赤たんにてビール16杯の記録を打ち立てたつわもの。

一緒に飲むとこれほど面白い奴はいない。 その昔澁谷のカフェで店に行くと

ほんとに良く飲むのでオーダーする前からぺルノーがボトルで出てきたものでした。

彼のことについてはまた後日紹介します。


f0146105_1212566.jpg


このお店も無量塔のプロデュースのおみせです。

お料理は安くて美味しい。庭が広くて開放的な足湯のあるお店です。


f0146105_12121489.jpg



そして生活工房とうがらしへ。

13年前からあるにしてはとてもモダンな建物。周りに何もないのでとても映えます。

ここは昔から普通にある普段の生活を伝承していこうと作られたキッチンとダイニングスペース。


f0146105_12122969.jpg


辺りはこんな感じです。


f0146105_12125056.jpg


主宰の金丸佐佑子さん


色々なお豆を前にまめなお話を聞かせていただきました。


有難う御座いました。
f0146105_1213093.jpg


娘さんの神谷禎恵さん

とてもパワーのある方で元気をいただきました。

この近くは柚子の名産地。

手島邸の柚子こしょうに使う柚子をこちらで仕入れることに決めました。

楽しみ。

このお多福豆は庭の畑で作られたものでまめの味がしっかりしました。


f0146105_12131042.jpg


神谷さんとのお話の途中に日本酒の

豊潤がでてきて、近くだからいきましょう と、なり

向かうは小松酒造場




f0146105_12132339.jpg


杜氏の小松潤平氏

彼とお父様のお二人で造られるお酒は愛情のこもった日本酒。

今年初出荷とは思えない出来栄えのお酒に手島邸でも驚いたものでした。

上の写真はお父様。




f0146105_12133946.jpg


急な訪問にやさしく迎えてくださった小松さん本当に有難う御座いました。

この良さを福岡にて伝えていきます。これからもどうぞ宜しくお願いします。




f0146105_13202465.jpg



大分は食の宝庫です。


九州バンザイ。
[PR]
by teshimatei | 2009-05-29 13:23 | 旅紀行
<< 玉露新茶&日本酒の会 玉露新茶の会 開催日決定。 >>