さよなら二千円札



手島邸に来た事のある方はご存知だと思いますが






私 邸主 奥津は二千円札が大好き







その美しさと意外性 そして希少性はツールとしての紙幣の役割に留まらず


使うときのいたずら心を掻き立ててくれる。














例えば













8000円の支払いで二千円札の新札4枚で支払うときは






さながらポーカーゲームでフォーカードを差し出すときの気分。(と感じるのは私だけか・・・・・)











今まで最後の砦であった宮崎銀行で換金していたが、








遂に「こちらで最後になります。」と、告げられてしまった。









きっと二千円札の換金にだけ来る人など居ないので、窓口のおねーさま達から









すごいあだ名が付けられていたであろう。
二千円おじさんとか二千円問題とか換金ボーイとか


 









そんな事ではめげずにやってきたのに









誰かまだ二千円札の新券がある銀行知りませんか?








手島邸に残り40枚です。なくなり次第終了 お釣りお楽しみに。



f0146105_10352818.jpg

[PR]
by teshimatei | 2010-02-07 11:10 | 手島邸
<< 2月11日日本酒の会 もうすぐ10万キロ >>